2019年09月19日

フランス映画 入門

引き続き、フランス映画を3作品ご紹介します。フランス映画=難解なイメージもありますが、見やすいものだって沢山あります。近年ではミステリ文学のル・メートルなんかも非常にシンプルで面白かったですね。言葉の響きが美しいオリジナル音声(字幕)でどうぞ。(他の映画はこちらをクリック


アメリ(Amelie 2001年) 紹介動画
ameli.jpg オープニングの子役が最高。そしてその子役が年齢を重ねたかのように、さりげなくトトゥにチェンジします。彼女には密かな楽しみがあり、豆袋に指を突っ込んだり、映画を見てる人の顔を観察したり、空想の世界が大好きだったり。
表面的には不思議ちゃんキャラ全開のガールズ映画を装っていますが、こじらせ男子なら十分に彼女の内面を理解し、共感することができるハズ。自分の殻を破って成長すること、他人にやさしくすることが主題の王道不変のテーマで描かれたJPジュネ監督の代表作。カメラワーク・アングル・色使いも素晴らしい。


アンジェラ(Angel-A 2005年) 紹介動画
AngelA.jpg ベッソン監督作品、モノクロームの映像とパリの風景が非常に美しい映画です。片手が不自由なダメ人間(小男)の元へ絶世の美女(大女)が突然現れ、「私は天使。あなたを救うため、愛を教えるために地上に現れた」と言う。
レオンやニキータのようなキレはありませんが、カメラワーク×モノクロ×フランス語がピタッとハマっていて、まるで古典映画のような様式美を感じます。愛することを知らない男と愛されたことがない女が、世界一美しい街(パリ)で起こす奇跡。出逢うはずのなかった二人のラブストーリーが切なくて美しい。


エディット・ピアフ 愛の讃歌(La Mome 2007年) 紹介動画
piafu.jpg 日本でも知らない人はいないであろうエディット・ピアフですが、彼女の壮絶な人生が美しい歌声と共に映画化されています。監督はオリヴィエ・ダアンというあまり知らなかった人物ですが、とにかく主演のマリオンが素晴らしい。
代表曲「La Vie En Rose(バラ色の人生)」の内容からは程遠いほど過酷な人生を送ったピアフですが、彼女の歌声はあまりにも美しい。愛に恵まれなかった女の人生が力強く描かれた音楽映画の名作です(少し暗いですが)。主演のマリオン・コティヤールが2007年度アカデミー主演女優賞を受賞しています。

posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年09月18日

海外ドラマ 12選

まもなく消費増税ですがフルーツ業界は微妙にシーズンオフ。ここぞとばかり映画やドラマを見まくっている二代目ですが、今はAmazonプライムなど配信業界が活性化していて映画天国です。
映画は字幕派ですが連ドラは吹替がお勧めです。やはり長丁場だと吹替のほうが理解度も高く目も疲れません。お試しを!(他の映画はこちらをクリック


■ゲーム・オブ・スローンズ(2011〜2019)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=6CbDw3vou54
ついに完結しました。まさかあんな結末になろうとは・・ ファンタジー要素が強めですがマニアやオタクじゃない人のほうがハマると思います。リアルなエログロ描写と深い人間模様が魅力の、現在世界で最も人気が高いTVドラマ!

■ザ・ホワイトハウス(1999〜2009)
https://www.youtube.com/watch?v=cUysUmCHBxY
理想的かつ最もリベラルな大統領としても話題に。ネクタイの色から袖をまくるタイミングまで計算された戦略的な演説、合衆国大統領とアメリカ政治の中枢がドラマチックに表現された非常に上質な会話が中心のドラマ。(吹替推奨)

■ウエストワールド(2016〜)
https://www.youtube.com/watch?v=Db1Fb8UFRfQ
精巧なアンドロイド(ホスト)で構成された体験型テーマパーク「ウエストワールド」で、高額な入場料を支払ったゲスト(客)は常識や法律を気にせず欲望のままに行動できる。哲学的で奥深いリメイクドラマですがエログロにご注意。

■シャーロック(2010〜2017)
https://www.youtube.com/watch?v=6qh2o6x89D0&feature=youtu.be&t=6
超頭脳=社会不適合者=変人というスタイルで描かれていますが、ファッションや振る舞いは本当にスタイリッシュでクール。全12話(4シーズン)ですが話に若干のムラがありますので、S2の最終話までで一区切りにしたいです。

■ダウントン・アビー(2010〜2015)
https://www.youtube.com/watch?v=rOmDvwW4bHI
平和で純朴な人たちが第一次大戦や産業革命など、激動の1910年代にどう生き抜いたのか。貴族に仕える執事やメイドの目線から、貴族三姉妹の日常が描かれます。時代の歯車に飲み込まれてゆく人々を描いた大人向けのドラマです。

■ロスト(2004〜2010)
https://www.youtube.com/watch?v=KTu8iDynwNc
ロケーション的にはあまりお金がかかっていませんが、SFとしては圧倒的なスケールで描かれています。出演者達の過去が徐々に明かされつつ、未知の現象が次々起きるという二段構えのストーリーは集中力が途切れず素晴らしい。

■ウォーキング・デッド(2010〜)
https://www.youtube.com/watch?v=oms6U3TpgGo
「死んだ人が起き上がって歩きだす」という、全くあり得ない設定をリアルな描写でドラマ化した超人気作品。しかし実際にフォーカスされるのは血生臭い人間模様であり、結局怖いのはゾンビより人間という流れがリアルで切ない。

■ヒューマンズ(2015〜)
https://www.youtube.com/watch?v=BtEAj6qU-Ns
近い未来、人間と見分けがつかないロボットが自宅にやってきた時、子供へはどうやって教育すればいいのか?アンドロイドに自我が芽生えた時、人間はどう振る舞えばいいのか?来たるAI時代に向けて深い内容を含んだドラマです。

■フリンジ(2008〜2013)
https://www.youtube.com/watch?v=cROlRvHCcR8
あり得ない現象をさもありそうに見せるストーリーは本当に素晴らしいとしかいいようがない。現在の科学では解明できない超科学(フリンジサイエンス)を扱ったSFドラマですが、完成度が高くて毎回オープニングから画面に釘付け。

■プリズン・ブレイク(2005〜)
https://www.youtube.com/watch?v=9Ud69mXex0g
IQ200の主人公が冤罪の兄を脱獄させ、その後の逃避行まで計画するという大胆不敵なドラマ。過激でリアルな刑務所内の描写も話題になりましたが、二癖もあるキャラクター陣が魅力的でサイドストーリーも素晴らしいドラマです。

■ビッグバン・セオリー(2007〜)
https://www.youtube.com/watch?v=USv4RA2p4AA
科学者レベルの天才オタク学生たちのコメディ。少々オタク要素が強めですが、向かいに越してきた一般女性の視点で話が進みますので、オタクじゃない人でもかなり笑えます。お笑いは文字で見ても面白くないので吹替版推奨で。

■宇宙船レッド・ドワーフ号(1988〜)
https://www.youtube.com/watch?v=VH3ubC0H4g4
1つだけしか選べないなら迷わずコレ。NHKで放送(20年以上も前)されていたことが信じられませんが、本当にお下品でおバカで愛すべきドワーフ号の面々。人を選ぶドラマですが吹き替え版の皆さんの演技が最高のSFコメディ!

posted by 二代目 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年08月20日

マニアックな映画12選

果物が少ないお盆明け、先日に引き続き趣味の話題です。(興味がない方はスルーしてください)
実は映画って人に勧めにくい趣味No1です。名作と名高い作品でも見た人が楽しめなかったら0点です。そういう意味では、、読み手が勝手に精査できるブログと映画情報は非常に相性がイイかもしれませんね。

さて、今回は少し変わっている映画を12作品ご紹介します。マニアックとはいえ人気が高いものばかり選びましたので、万一未見の作品が発掘されればラッキーだと思います!(他の映画はこちらをクリック


ユージュアル・サスペクツ(1995) 紹介動画
2000.jpg ラストのどんでん返しが話題になりましたが、そこに至るまでのストーリーも人を食ったようで非常に面白いです。主人公の言葉通りに回想シーンが映像化されてゆきますが、これがいちいち胡散臭い。登場人物も一癖ある人達ばかりで熱中必至です!


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002) 紹介動画 高画質字幕無し
2059.jpg これが実話なのにも驚きますが、出演者全員の演技が非常に素晴らしいです。悪いことを悪いことと認識せずにやっている点には議論の余地がありますが、イイ時代だったんだなとも思います。「事実は小説よりも奇なり」とはまさにこの映画のこと!


コンタクト(1997) 紹介動画
1996.jpg 電波天文学者エリー(ジョディ・フォスター)のヘッドフォンに宇宙から謎の信号が届く。この音はいったい何を意味しているのか?
ハードSFなのに哲学・思想・人間関係まで深く追求された、カール・セーガン原作の古典SFの名作!


コンスタンティン(2005) 紹介動画
1320.jpg 悪魔祓いが生業の主人公は肺がんで余命一年。彼は過去の自殺未遂で地獄行きが決定していたが、天国に行きたいがために悪魔祓いを続けていた。
天使や悪魔など、一見すると厨二病満開ですが、実は深く読み解いても粗が見えない完成度の高い映画!


ディアボロス/悪魔の扉(1997) 紹介動画
1997.jpg NYCの頂点に君臨する法律事務所から破格の報酬でスカウトされた若手弁護士。意気盛んに法廷に挑む彼に、虚栄に満ちた巨大な悪が襲い掛かる。
タイトルでネタバレしているのがなんともガッカリですが(笑)、ラストの演説には説得力があります!


EVA<エヴァ>(2011) 紹介動画
eva01.jpg 10年前に別れた元恋人の娘エヴァをモデルに自立型アンドロイドを作ろうとするロボット工学の天才科学者アレックス。今は実兄の妻でもある元恋人への思いが断ち切れない彼に、ある日衝撃の真実が告げられる。粗削りですがとても悲しい余韻が残る良作恋愛映画。


ガタカ(1997) 紹介動画
1998.jpg 70年代風ですが「ここは未来です!」と言い切ってしまうセンスが良い。主演3名の美しい外見とDNAで選別される空虚な未来感がよくマッチしています。
主人公の基本的思想は”?”ですが、完成度の高いサスペンス&SFとしても心地よい余韻が残る名作です。


海の上のピアニスト(1999) 紹介動画
2002.jpg 伝説のピアニストが船に乗っているかも?そう思わせるトランぺッターの語りが素晴らしい。
1900氏の初恋はちょっとキモイですが、彼の寂しそうな眼差しと、それを表したような美しいピアノの旋律が素敵。心悲しいおとぎ話に仕上がっています。


ファイトクラブ(1999) 紹介動画
2001.jpg 分かり易い映画とはいえませんが、簡単に書くと自己を痛めつけることで自我に気付ける物語です。
「気合と根性」的な映画ですが、この精神論が他人に向いた時の危険性も併せて描かれていて、この作品の本質が理解できたならば非常に深い余韻に浸れます!


キックアス(2010) 紹介動画
2004.jpg 「現実にヒーローをやってみたらどうなるのか?」的なアプローチですが、二癖くらい歪んでマス。
脇役のヒットガールがとにかく可愛くて素敵。低年齢女子にここまでやらせたということでも話題になった問題作ですが、意外と真面目に作られた映画です。


死霊のえじき(1985) 紹介動画
1995.jpg 「死んだ人間が生きている人を襲う」この絶対にあり得ないファンタジーが、なぜこれほどまで人気なのかは大いに議論の余地がありそうですが、元祖ゾンビ三部作のラストにあたる今作の閉鎖感と絶望感は本当に素晴らしい。リアルキモグロ系の元祖でもあります。


ザ・セル(2000) 紹介動画 ※エログロ注意
3600.jpg 昏睡状態に陥った連続殺人鬼の心の中を覗き、連れ去られた女性の居場所を突き止めると同時に、犯人の心の救済も行うというストーリー。
犯人の精神世界がとんでもないことになっており、これがなかなか芸術的でキモいです。また、石岡瑛子氏が担当した衣装が非常に美しいことでも評判でした!


posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年07月09日

真面目な映画12選

今回は真面目な映画をチョイスしてみました。少しお堅いラインナップになってしまいましたが、有名な作品ばかり選びましたので、きっとどれを見てもハズレは少ないと思います!(他の映画はこちらをクリック


フォレスト・ガンプ(1994) 紹介動画
2051.jpg フォレストの人生はあまりにも過酷なので、なかなか共感できないと思います。しかしこの映画を見ていると、与えられた人生(現実)を素直に受け止め、一生懸命生きることの尊さみたいなものが感じ取れます。ああ人生って素晴らしい、そう思える映画です。


カリートの道(1993) 紹介動画
1999.jpg カリートの生き様に惚れます(男限定 笑)。70年代ディスコ特有の雰囲気もsoクール。
オープニングで結末が判ってしまう作りになっていますが、わかっていてもグランドセントラル駅からエンディングまでの逃走劇の完成度は鳥肌モノ!


ドリームハウス(2011) 紹介動画
2047.jpg 最初から妙な違和感を感じる映画ですが、嫁さんや子供たちがとてもかわいいので癒されつつ・・ 物語の中盤、早々にまさかのネタバレです。
しかし勘繰らずに素直にラストまでどうぞ。涙無しでは見られない感動のドラマだったりします。


アマデウス(1984) 紹介動画
2057.jpg 歴史の偉人、あのモーツァルトが妙な笑い声の変人だったという設定は衝撃でした。
稀代の天才音楽家と人生が交錯してしまったことが不運としかいいようがない、10年に一人の秀才音楽家サリエリの人間味あふれる愚人ぶりも素晴らしい。


シックス・センス(1999) 紹介動画
2052.jpg ラストの衝撃が話題になりましたが、どんでん返しに頼らず人間ドラマとして丁寧に作られた作品。
そもそもホラー映画のような予告がよくありません。これは他人を助けたいと願う優しい人たちの感動ドラマなのです。万一まだ見ていない人はネタバレ厳禁!


インターステラー(2014) 紹介動画
2049.jpg 宇宙やSFが大好きな人にはドハマりの映画ですが、理系じゃない人には厳しい作品です。
確かに難解な映画ですが、圧倒的な映像美と深い愛に包まれるラストは”見ないと損”といえる完成度です。父と娘のドラマ、毛嫌いせずにお試しください!


華麗なるギャツビー(2013) 紹介動画
2046.jpg フィッツジェラルドのベストセラー小説の映画化ですが、プリオ版はゴージャスで素晴らしい。
ギャツビーの一途な想いには胸を打たれますが、ボタンを掛け間違ってしまい悲しい結末を迎えます。案外深いメッセージ性が込められた映画だと思います。


タイタニック(1997) 紹介動画
2056.jpg 公開当時は何度もリピートする人が現れ、超社会現象化した映画です。主題がハッキリしているので今見ても全く時代を感じさせません。
恋愛物・パニック物としても素晴らしいですが、更に深読みして「真実の愛」を感じ取りたい不滅の名作。


グラディエーター(2000) 紹介動画
2050.jpg ちょっと真面目過ぎると思いますが、愛と尊厳を踏みにじられた主人公がどん底から這い上がる過程でグラディエーターとして戦うシーンは圧巻。
予定調和的ではありますが、、やはり悲しすぎるラストは重厚&壮大で完成度の高い映画です。


プライベート・ライアン(1998) 紹介動画
2055.jpg 恐ろしいの一言。戦争を知らない人間に戦争のリアルを叩きつけた名作です。これっぽっちもカッコいいシーンなんてありませんが、最後の最後まで目が離せません。戦争の恐ろしさとちっぽけな人間の尊さがとてもよく表現されています。戦争映画の名作。


アイ・イン・ザ・スカイ(2015) 紹介動画
eye-in-the-sky.jpg 現代ハイテク戦争の映画化。肉眼では見えない超上空を軍事用無人ドローンが飛び、地上では鳥型や昆虫型の超小型ドローンカメラで室内を偵察する。判断を下すのは地球の反対側にいる高官たちですが、無関係の少女が爆撃地点に現れた時、どんな判断を下すのか。


君に読む物語(2004) 紹介動画
201609201212.jpg 見る人の立場や視点によっては全く感動できない可能性はありますが、よくまとまった美しい映画。
早々に誰の物語かネタバレしますが、深く愛し合った老齢夫婦の片方はもう何も覚えていません。誰の身にも起こりうる現実、これは色んな意味で泣けます。


posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2019年04月06日

完成度の高い映画12選

今回はセリフやスクリーンから様々な情報をキャッチすることができる、上級者向けの映画(マニア向け)を1ダース一気にご紹介します。
評価が微妙なものも含まれますが、二代目は何度見てもその完成度に唸ってしまいます。未見のタイトルがあればぜひ!(他の映画はこちらはをクリック


悪の法則 21分拡大版(2013) 紹介動画
1907.jpg マネー=人間の欲望は尽きませんが、判断を間違うととんでもないことになってしまうという教訓からか、この映画は救いの無い最悪の結末を迎えます。
噂話や説教から想像力が掻き立てられる仕組みで、まさに本物の恐怖が体験できるリアルな映画です。


エクス・マキナ(2015) 紹介動画
1902.jpg 美しい外見、純粋無垢に思えるそのAI付きロボットには自我があるのか?
人工知能に嘘が見抜かれる緊張感、恋愛感情が刺激されるエロティックな会話、今までに感じたことのない生々しい恐怖感に包まれるラスト。背筋が凍ります。


たそがれ清兵衛(2002) 紹介動画
5538.jpg ラストの斬りあいは息が止まるほどの緊張感、まさに刃物で切りあう怖さが体験できる映画です。
江戸時代末期の底辺侍の生活がリアルに描かれていて、実直な清兵衛と朋江の健気な恋愛事情ともシンクロして泣かせます。侍映画のベストでは。


バニラ・スカイ(2001) 紹介動画
5502.jpg ルックスで生きてきた主人公がその美貌を失った時、その現実をどのように受け入れるかというお話。しかしそれだけにとどまらないのが、この映画の面白いところです。自業自得で片付けるにはあまりにも甘酸っぱすぎる、切ない余韻を残すSF映画のリメイク版。


パッセンジャーズ(2008) 紹介動画
5542.jpg 映画の全貌を理解した時、近しい人に優しくしたくなる、そんな映画です。(ネタバレ厳禁)
勘繰らずに映画の流れに乗ってみてください。感受性の高い人でしたら、画面のあちこちからとても深い哀愁やメッセージ性が感じ取れるはずです。


ヒート(1995) 紹介動画
5348.jpg デニーロ&パチーノ、贅沢なダブル主演。LAの風景も素晴らしいですが、カッコいいセリフも多くて見どころ満載です。(伝説の銃撃戦 ※ネタバレ
クライム映画の金字塔ですが、関係者のサイドストーリーまで丁寧に描かれていてハマる人はずっぽり。


インセプション(2010) 紹介動画
1903.jpg 「犯罪現場はお前の頭の中」他人の夢の中へ深くダイブするスリリングな展開が素晴らしいです。
若干の読解力が必要ですが、インナーSF特有の文学的で甘美な映像とストーリーに酔いしれたい映画です。夢では時間がゆっくり流れるのがポイント!


ブラッド・ダイヤモンド(2006) 紹介動画
5541.jpg 「給料の三か月分」がいかにして採掘されているのかが詳細に描かれています。
ダイヤモンド紛争と並行してアフリカの内戦・少年兵士などの問題も描かれており、豪華キャストと共に非常に深い内容を含んだ社会派の映画といえます。


バリーリンドン(1975) 紹介動画
5540.jpg 哀れな男の半生がSキューブリックによって描かれていますが、ロードムービーとしても秀逸です。
この映画は映像表現にこだわりがあり、室内のロウソク光を綺麗に映すため、とても明るく撮影できるツァイス社のレンズが使用されていることでも有名です。


ブレイブハート(1995) 紹介動画
5503.jpg スコットランドのウォレスがいかにしてイングランドの圧政から自由を勝ち得たのか。
多少ご都合主義的なストーリーですが、ロマンチックなのでOKでしょう。壮絶&胸熱展開は見事としかいいようがなく、アカデミー5部門受賞も納得です。


地獄の黙示録 特別完全版(2001) 紹介動画
1904.jpg ワーグナーの襲撃シーンばかりが取り上げられることの多い映画ですが、これは深く掘り下げられた”人間の闇”を考える映画です。
カーツ、キルゴア、ウィラード、彼らの何が違ったのか?そして戦争とは何なのか?特別完全版がお勧め。


パルプ・フィクション(1994) 紹介動画
1905.jpg 下品でくだらない映画ですが奇跡の完成度です。ストーリーとは全く関係ない会話劇が中心ですが、それなのに全く脚本が破綻していないのには驚きます。
映像・音楽・セリフの全てが完璧にハマっていて、まさにスーパークールな映画です!(冒頭5分の動画)

posted by 二代目 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味

2018年10月17日

エッシャー「相対性」

オークションで安かったので入札してみたら競うことなく落札できました。アクリルの保護シートもはがされていない新品額装&マット仕上げ、実物はなかなかシックで高級感があります(ラッキー♪)。

なんか変な絵、今回の絵は逆さま以外はどちらに向けても必ず上があります。特にエッシャーが大好きというわけではありませんが妙に好きなんですねよ。昔「滝」というポスターも買いましたが棚の目隠し用に立てかけたままですので、今回はお部屋に飾るために小さめのサイズ(40p四方くらいの額)を買ってみました。(滝の日記はこちら

3878.jpg

posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年10月04日

隠れた名作映画12選

今回は「隠れた名作」を1ダース(12作品)一気にご紹介。映画は好みがありますが、見やすいものばかり選びましたので秋の夜長の手助けになれば幸いです!(他の映画はこちらをクリック


■パーフェクト・ワールド(1993年) 紹介動画
06.JPG ケビン・コスナー初のアンチ・ヒーロー(脱獄犯)を刑事イーストウッドが追う。
お化けのキャスパー扮する子役とコスナーの関係性が素晴らしく、人質であり相棒であり父となる。母親に出したコスナーの条件が泣かせる感動のラスト。


■アイ・アム・デビッド(2003年) 紹介動画
01.JPG 1963年デンマークのベストセラー小説の映画化。1950年代、共産国であるブルガリアの強制収容所から理由も告げられずに脱出を命じられた男の子の物語です。実写版「母をたずねて三千里」、子役の眼差しが印象的で、地味ですが非常に良作だと思います。


■K−PAX 光の旅人(2001年) 紹介動画
10.JPG バナナを皮ごと食べ、光を嫌う男。科学者レベルの法則を語り、犬の言葉までわかるという彼は宇宙からやってきたと主張する。
精神病棟に収監されたその男が、ある日突然誰か一人だけを連れて「星」へ帰ると言い始めた。良作。


■ヴィレッジ(2004年) 紹介動画
IMG_7752.JPG森の怪物との協定を守り、素朴に暮らす村の人々。しかし大人たちの妙な違和感を子供たちが敏感に感じ取り、平和な村に大事件が起きる。
愛する人のために盲目の少女アイヴィーが街へ薬を取りに行くことに。恋愛映画です。


■ウォルター少年と、夏の休日(原題:Secondhand Lions 2003年)紹介動画
02.JPG 夏休みに疎遠の爺様宅へ預けられたウォルター。爺様から聞かされた武勇伝がにわかに信じられない彼だったが、地下から大金を発見してしまう。
はたして彼らの武勇伝は真実か、それとも犯罪者なのか?爺様から聞かされるスピーチが素晴らしい。


■黙秘(原題:Dolores Claiborne)(1995年) 紹介動画
13mokuhi.JPG ミザリーの成功からキャシー・ベイツ主演を前提で脚本が書かれたそう。
地味な映画ですが、ミステリー小説を地でゆく脚本は抜群の安定感で最後まで見せ切ります。特に最初の階段落ちのシーンとセリフは完ぺき!まさしく名作。


■フェイク(原題:Donnie Brasco)(1997年) 紹介動画
04.JPG アル・パチーノ&ジョニー・デップの贅沢なダブル主演、FBI潜入捜査官が6年を費やした実話の映画化。潜入捜査の枠を超えた彼らの友情と繋がり。
パチーノ演じるやくざの言葉がいちいち深いです。緊張の連続、重厚な人間ドラマです。


■1408号室(2007年) 紹介動画
07.JPG 幽霊が出ると噂のホテルを泊まり歩いて記事を書く、売れないオカルト作家の主人公。
ある日、彼の元に「1408号室には入るな」と書かれた一通の絵葉書が届く。精神的に追い詰められる設定にハマればドハマり。ラストが泣かせます。


■ぼくのエリ(原題:Let the Right One In)(2008年) 紹介動画
05.JPG 「吸血鬼」この使い古されたファンタジーをこれほどまで生々しくリアルに描いた映画は少ない。
オープニング、静かに雪が降り積もるシーンから妙に見入ってしまいます。静かな映画ですが恐怖と哀愁と余韻が素晴らしい名作です。


■レスラー(2008年) 紹介動画
09.JPG かつては栄光を味わった男。今は全てを失った男。自業自得で片付けるにはあまりにも悲しい彼の不器用な生き様。彼がどんな気持ちでリマッチ(再戦)に向かったのか?全編に漂う哀愁とスプリングスティーンの曲が泣かせます。


■神様メール(2015年) 紹介動画
11.jpg 実は神様はブリュッセルのアパートに家族と一緒に住んでいて、パソコンでいたずらに世界を支配していた。ある日、神様の娘エアは人間には運命に縛られずに生きてほしいと、人々に余命を知らせるメールを一斉送信してしまう。


■50/50フィフティ・フィフティ(2011年) 紹介動画
12.jpg 27歳の主人公は5年生存率50%の脊髄癌(悪性神経鞘腫)であることを宣告される。
周りに病気を打ち明け、何とか穏やかな日常を取り戻すも、過剰に優しく慰めてくれる周りの人たちのことを冷めた目で見ていた。本当の幸せとは?

posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年08月23日

いい映画って貴重ですよ。

高知は台風20号で今夜大荒れの予想です。台風から遠くても雨が凄い場合がありますので皆さん油断せずに情報収集してご注意ください。
さてさて、二代目は年間100本くらいの映画を見ますが、感覚上面白いと感じるのはせいぜい1〜2割、まあまあなのが5割、その他は・・うん。そして心底気に入るのが年間1〜2本あるかどうか。

パッセンジャーズ(2008)
10年前の映画ですが素晴らしいのを見つけましたのでご紹介します。ネタバレすると面白さが半減しますので色々書けません。この映画にハマれば親しい人に対する接し方が変わりそう。そういう映画です。

紹介動画ではサスペンス・ミステリーとして紹介されていますが、この映画の主題はそれではありません。最初から妙な違和感を感じつつ始まりますが、難しく考えずに違和感を楽しんでみてください。
勘繰らずラストまで素直に見終われば感動&哀愁&暖かさを感じることができます。もう少し有名になってもいい映画だと思いますコレ!

posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年07月01日

プリオ版 ギャツビー(2013)

華麗なるギャツビー(The Great Gatsby) 2013年
原作を知っている方や1974年版を見ている方には面白くないかもしれませんが、これが初ギャツビーであればバッチリ楽しめると思います!

まさに正面切って堂々のストーカー(もとい、純愛)です。女性目線だとまた違う評価が下りそうですが、男目線で見ると硬派で素晴らしい男ですギャツビーって。
なぜ派手なパーティを開くのか?なぜ金持ちになったのか?なぜ過去を秘密にするのか?単純な恋愛ものでなく、破滅に向かうラストがとても切ない。(彼の内面が見える切ないバージョンの予告はこちら

ストーリーも分かり易く、サスペンス要素もあり、非常に楽しめる映画です。未見の方はもちろん、ロマンチックが好きな方にはぜひ!

posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2018年05月21日

二代目は音楽が大好き。

ブルーグラスというジャンルをご存知ですか?皆さんが想像するイメージ通りのカントリーミュージックですが、実はカントリーとはちょっと違うジャンルだったりします(笑)
今回ご紹介する彼らはとにかく若いんですよ。イケメンでこのリズム感と指の動きは普通じゃない(笑) ※素人さんではないみたいですが・・

Bluegrass virtuosity from ... New Jersey? | Sleepy Man Banjo Boys


あと、ついでになってしまいますがジミヘンの代表曲を少人数でカバーしています。こちらはおそらく素人さんだと思いますが、なかなか上手ですのでご紹介しておきます。
この曲の作詞・作曲はボブ・ディランですが、ジミヘンのカバーバージョンのほうが有名ですよねやはり。

Jimi Hendrix - All Along the Watchtower (Guitar,Bass&Vocal Cover)


posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味