2019年11月08日

花梨(かりん)

のど飴などで有名な花梨(かりん)ですが、生の実を見たことがない方もいらっしゃるかもしれません。洋ナシのようないびつな形でカチンコチンに硬いです。時間がたつとリンゴのように油が出てきてベタベタします。

■かりん酒
かりん 1s
ホワイトリカー(35度の焼酎) 1.8リットル
氷砂糖 300〜500g(少な目でもOK)

※適当にスライス。氷砂糖はお好みで加減してください。かりん酒は3か月程度で出来上がりますが、そのまま半年ほど漬け込んだほうが美味しいです。仕上がったらお酒だけ別のビンに移して保管してください。(余った実は砂糖漬けなどして食べることも可能)


■かりんのはちみつ漬け
かりん 1s
ハチミツ 1s

※四つ切りにしてからスライス(小さく)。かりんがハチミツから飛び出さないようにヒタヒタまで漬けてください。3か月程度で美味しく漬かると思いますので実と分離して煮沸、裏漉、冷蔵保管してください。日保は一年程度を目安に水やお湯で楽しんでください。(レモンとも相性がイイです)

4986b.jpg

posted by 二代目 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のフルーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186777265

この記事へのトラックバック