2019年09月18日

海外ドラマ 12選

まもなく消費増税ですがフルーツ業界は微妙にシーズンオフ。ここぞとばかり映画やドラマを見まくっている二代目ですが、今はAmazonプライムなど配信業界が活性化していて映画天国です。
映画は字幕派ですが連ドラは吹替がお勧めです。やはり長丁場だと吹替のほうが理解度も高く目も疲れません。お試しを!(他の映画はこちらをクリック


■ゲーム・オブ・スローンズ(2011〜2019)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=6CbDw3vou54
ついに完結しました。まさかあんな結末になろうとは・・ ファンタジー要素が強めですがマニアやオタクじゃない人のほうがハマると思います。リアルなエログロ描写と深い人間模様が魅力の、現在世界で最も人気が高いTVドラマ!

■ザ・ホワイトハウス(1999〜2009)
https://www.youtube.com/watch?v=cUysUmCHBxY
理想的かつ最もリベラルな大統領としても話題に。ネクタイの色から袖をまくるタイミングまで計算された戦略的な演説、合衆国大統領とアメリカ政治の中枢がドラマチックに表現された非常に上質な会話が中心のドラマ。(吹替推奨)

■ウエストワールド(2016〜)
https://www.youtube.com/watch?v=Db1Fb8UFRfQ
精巧なアンドロイド(ホスト)で構成された体験型テーマパーク「ウエストワールド」で、高額な入場料を支払ったゲスト(客)は常識や法律を気にせず欲望のままに行動できる。哲学的で奥深いリメイクドラマですがエログロにご注意。

■シャーロック(2010〜2017)
https://www.youtube.com/watch?v=6qh2o6x89D0&feature=youtu.be&t=6
超頭脳=社会不適合者=変人というスタイルで描かれていますが、ファッションや振る舞いは本当にスタイリッシュでクール。全12話(4シーズン)ですが話に若干のムラがありますので、S2の最終話までで一区切りにしたいです。

■ダウントン・アビー(2010〜2015)
https://www.youtube.com/watch?v=rOmDvwW4bHI
平和で純朴な人たちが第一次大戦や産業革命など、激動の1910年代にどう生き抜いたのか。貴族に仕える執事やメイドの目線から、貴族三姉妹の日常が描かれます。時代の歯車に飲み込まれてゆく人々を描いた大人向けのドラマです。

■ロスト(2004〜2010)
https://www.youtube.com/watch?v=KTu8iDynwNc
ロケーション的にはあまりお金がかかっていませんが、SFとしては圧倒的なスケールで描かれています。出演者達の過去が徐々に明かされつつ、未知の現象が次々起きるという二段構えのストーリーは集中力が途切れず素晴らしい。

■ウォーキング・デッド(2010〜)
https://www.youtube.com/watch?v=oms6U3TpgGo
「死んだ人が起き上がって歩きだす」という、全くあり得ない設定をリアルな描写でドラマ化した超人気作品。しかし実際にフォーカスされるのは血生臭い人間模様であり、結局怖いのはゾンビより人間という流れがリアルで切ない。

■ヒューマンズ(2015〜)
https://www.youtube.com/watch?v=BtEAj6qU-Ns
近い未来、人間と見分けがつかないロボットが自宅にやってきた時、子供へはどうやって教育すればいいのか?アンドロイドに自我が芽生えた時、人間はどう振る舞えばいいのか?来たるAI時代に向けて深い内容を含んだドラマです。

■フリンジ(2008〜2013)
https://www.youtube.com/watch?v=cROlRvHCcR8
あり得ない現象をさもありそうに見せるストーリーは本当に素晴らしいとしかいいようがない。現在の科学では解明できない超科学(フリンジサイエンス)を扱ったSFドラマですが、完成度が高くて毎回オープニングから画面に釘付け。

■プリズン・ブレイク(2005〜)
https://www.youtube.com/watch?v=9Ud69mXex0g
IQ200の主人公が冤罪の兄を脱獄させ、その後の逃避行まで計画するという大胆不敵なドラマ。過激でリアルな刑務所内の描写も話題になりましたが、二癖もあるキャラクター陣が魅力的でサイドストーリーも素晴らしいドラマです。

■ビッグバン・セオリー(2007〜)
https://www.youtube.com/watch?v=USv4RA2p4AA
科学者レベルの天才オタク学生たちのコメディ。少々オタク要素が強めですが、向かいに越してきた一般女性の視点で話が進みますので、オタクじゃない人でもかなり笑えます。お笑いは文字で見ても面白くないので吹替版推奨で。

■宇宙船レッド・ドワーフ号(1988〜)
https://www.youtube.com/watch?v=VH3ubC0H4g4
1つだけしか選べないなら迷わずコレ。NHKで放送(20年以上も前)されていたことが信じられませんが、本当にお下品でおバカで愛すべきドワーフ号の面々。人を選ぶドラマですが吹き替え版の皆さんの演技が最高のSFコメディ!

posted by 二代目 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186438210

この記事へのトラックバック