2019年04月06日

完成度の高い映画12選

今回はセリフやスクリーンから様々な情報をキャッチすることができる、上級者向けの映画(マニア向け)を1ダース一気にご紹介します。
評価が微妙なものも含まれますが、二代目は何度見てもその完成度に唸ってしまいます。未見のタイトルがあればぜひ!(他の映画はこちらはをクリック


悪の法則 21分拡大版(2013) 紹介動画
1907.jpg マネー=人間の欲望は尽きませんが、判断を間違うととんでもないことになってしまうという教訓からか、この映画は救いの無い最悪の結末を迎えます。
噂話や説教から想像力が掻き立てられる仕組みで、まさに本物の恐怖が体験できるリアルな映画です。


エクス・マキナ(2015) 紹介動画
1902.jpg 美しい外見、純粋無垢に思えるそのAI付きロボットには自我があるのか?
人工知能に嘘が見抜かれる緊張感、恋愛感情が刺激されるエロティックな会話、今までに感じたことのない生々しい恐怖感に包まれるラスト。背筋が凍ります。


たそがれ清兵衛(2002) 紹介動画
5538.jpg ラストの斬りあいは息が止まるほどの緊張感、まさに刃物で切りあう怖さが体験できる映画です。
江戸時代末期の底辺侍の生活がリアルに描かれていて、実直な清兵衛と朋江の健気な恋愛事情ともシンクロして泣かせます。侍映画のベストでは。


バニラ・スカイ(2001) 紹介動画
5502.jpg ルックスで生きてきた主人公がその美貌を失った時、その現実をどのように受け入れるかというお話。しかしそれだけにとどまらないのが、この映画の面白いところです。自業自得で片付けるにはあまりにも甘酸っぱすぎる、切ない余韻を残すSF映画のリメイク版。


パッセンジャーズ(2008) 紹介動画
5542.jpg 映画の全貌を理解した時、近しい人に優しくしたくなる、そんな映画です。(ネタバレ厳禁)
勘繰らずに映画の流れに乗ってみてください。感受性の高い人でしたら、画面のあちこちからとても深い哀愁やメッセージ性が感じ取れるはずです。


ヒート(1995) 紹介動画
5348.jpg デニーロ&パチーノ、贅沢なダブル主演。LAの風景も素晴らしいですが、カッコいいセリフも多くて見どころ満載です。(伝説の銃撃戦 ※ネタバレ
クライム映画の金字塔ですが、関係者のサイドストーリーまで丁寧に描かれていてハマる人はずっぽり。


インセプション(2010) 紹介動画
1903.jpg 「犯罪現場はお前の頭の中」他人の夢の中へ深くダイブするスリリングな展開が素晴らしいです。
若干の読解力が必要ですが、インナーSF特有の文学的で甘美な映像とストーリーに酔いしれたい映画です。夢では時間がゆっくり流れるのがポイント!


ブラッド・ダイヤモンド(2006) 紹介動画
5541.jpg 「給料の三か月分」がいかにして採掘されているのかが詳細に描かれています。
ダイヤモンド紛争と並行してアフリカの内戦・少年兵士などの問題も描かれており、豪華キャストと共に非常に深い内容を含んだ社会派の映画といえます。


バリーリンドン(1975) 紹介動画
5540.jpg 哀れな男の半生がSキューブリックによって描かれていますが、ロードムービーとしても秀逸です。
この映画は映像表現にこだわりがあり、室内のロウソク光を綺麗に映すため、とても明るく撮影できるツァイス社のレンズが使用されていることでも有名です。


ブレイブハート(1995) 紹介動画
5503.jpg スコットランドのウォレスがいかにしてイングランドの圧政から自由を勝ち得たのか。
多少ご都合主義的なストーリーですが、ロマンチックなのでOKでしょう。壮絶&胸熱展開は見事としかいいようがなく、アカデミー5部門受賞も納得です。


地獄の黙示録 特別完全版(2001) 紹介動画
1904.jpg ワーグナーの襲撃シーンばかりが取り上げられることの多い映画ですが、これは深く掘り下げられた”人間の闇”を考える映画です。
カーツ、キルゴア、ウィラード、彼らの何が違ったのか?そして戦争とは何なのか?特別完全版がお勧め。


パルプ・フィクション(1994) 紹介動画
1905.jpg 下品でくだらない映画ですが奇跡の完成度です。ストーリーとは全く関係ない会話劇が中心ですが、それなのに脚本が全く破綻しないのには驚きます。
映像・音楽・セリフの全てが完璧にハマっていて、まさにスーパークールな映画です!(冒頭5分の動画)

posted by 二代目 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味のこと
この記事へのコメント
私もパルプ・フィクション好きです。
音楽がいかしていますよね!!!
ついでにキル・ビルも音楽いかしてて好きです。
今年は,文旦美味しかったんでラスト行くかなーと見に来たらまだありますね!!!!
別便でお願いしますね。
Posted by 四畳半 at 2019年04月08日 21:00
四畳半さま
いつもありがとうございます。映画は好みや価値観がありますので紹介しても無意味なのは理解していますが、どうしてもついついご紹介しちゃいますねー(笑)

QTの作品は音楽のセンスがクールですね。下手な人がやると崩壊するようなダサカッコいい雰囲気をサラっと出しちゃう人ですね彼って。

文旦、一部売り切れも出てきましたがまだ大丈夫です!
Posted by 二代目 at 2019年04月10日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185371683

この記事へのトラックバック