2011年09月28日

新芋の塩ケンピ♪


いやあ秋ですね。昼間は暑いものの、お昼ごろ通りかかかる母校(小学校)では運動会の練習が盛んだったりと、そろそろ秋の雰囲気。
秋といえば芋、芋といえば「イモケンピ」。四国でも特に高知は昔から芋菓子作りが盛んで、高知名産=芋ケンピと言われています。

芋を縦に細長く、5mm四方ほどのスティック状にカットします。水にさらしてから、それを油で揚げて(スカスカになるまでシッカリ2度揚げ)、最後に水飴など絡めると完成です。
一見簡単ですが作る人によってイチイチ味が変わる難しいお菓子です。もちろん芋の質も大切ですし、長年の勘とタイミングが要求されるお菓子です。案外テクが要ります(笑)

すんごい素朴で田舎風のお菓子ですが、今でもとっても人気あります。手造りケンピ、ミズグルマヤの塩ケンピはオレンジハートトップページから!
20110928102035.jpg


posted by 二代目 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子・食べ物