2011年09月09日

今年は芋、調子良い。


9月は果物切れのタイミングですが、美味しい金時芋が揃うのはありがたいやね。秋の芋と呼ぶには少し早く、分類するなら夏芋の最終便でしょうか。

10月〜11月(販売時期10月〜5月ごろまで)
秋の芋。全国的に新芋と呼ばれる物はこの時期に収穫されたものを指します。土佐でも理屈は同じですが、厳密には夏にも一度掘っていますので「秋の新芋」と呼んでいます。
秋の芋は土が付いたまま囲いこんで越冬させたりします。正月が過ぎて春が近づいても販売しています。芋って冬の定番ですよね。

5月〜7月(販売時期5月〜9月ごろまで)
夏の芋。早くは3月から植え始めて、5月下旬頃から収穫します。3月はまだ寒いのでトンネル栽培というハウス栽培を行います。
4月には芋のツルがたくさん出るので、ツルを50cmほどにカットしてそれを販売します。全国ではこのツルを植えて秋の芋を栽培するわけですね。

土佐では一年中いつでも芋が食べられます!

20110908150551.jpg


posted by 二代目 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜など